東京駅

イベントナース

東京オリンピックなどスポーツ大会で活躍するイベントナースの仕事

投稿日:

東京オリンピックなどスポーツ大会で働くイベントナースの仕事

ボランティアとして東京オリンピックに参加する

人気の看護師単発バイト、イベントナース。

イベントナースとして普段、参加するような規模のイベントナースでなく、非常に大きな誰もが知るようなスポーツ大会、スポーツイベントで看護師として働く機会があります。

2020年は東京オリンピックです。

ボランティアとして参加を希望されている看護師さんもとても多いと思います。

東京オリンピックへの大会ボランティアへの応募期間は12月上旬までとなっています。

⇒ 東京2020大会ボランティア 応募ページ

もう既にヘルスケアなどを始めとして、興味のある活動分野にボランティア応募された看護師さんもいらっしゃるかもしれません。

何せオリンピックのスタッフには一生に一度関われるかどうか、といった方も多いと思います。

休職の相談をして参加を検討されている看護師さんもいらっしゃるかと思います。

時期としては夏の忙しい時期、診療科によっては繁忙期といったところもあるかもしれませんので、なかなか理解がある職場(上司)でないと難しいかもしれませんね。

ボランティアですから当然、給料は支払われません。

自宅から各会場へ通える、といったような条件も付くでしょうからなかなか誰もが参加、といった事は難しそうです。

しかし、せっかくの機会だからと非常に多くの方がボランティアに応募を既にしているようです。

オリンピック病院

オリンピックでは、大会中の選手の怪我、病気等に対応するためにオリンピック病院が指定されています。

  • 聖路加国際病院(東京都中央区)
  • 虎の門病院(港区)
  • 東京医科歯科大学医学部付属病院(文京区)
  • 都立墨東病院(墨田区)
  • 都立広尾病院(渋谷区)
  • 日本医科大学付属病院(文京区)
  • 東京国際医療研究センター(新宿区)
  • 都立多摩総合医療センター(府中市)
  • 国立病院機構埼玉病院(和光市)
  • 埼玉医科大学国際医療センター(日高市)

となっています。

看護師として東京オリンピック・パラリンピックに参加することを考えた場合には、ボランティアよりもこうした医療機関に勤務をしていた方が、看護師として医療従事者として派遣されたり緊急対応する可能性はあるかもしれません。

オリンピック協力病院

オリンピック協力病院として指定されている病院としては、次の医療機関があります。

  • さいたま市立病院
  • 札幌医科大学附属病院
  • 独立行政法人労働者健康福祉機構 横浜労災病院
  • 独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター

オリンピック病院、協力病院で働きたい

こうしたオリンピック病院、協力病院など14の医療機関で働く事をお考えになっている看護師さんもいらっしゃると思います。

オリンピックに看護師として関わる機会が得られたら良いなとも思うし、スキルアップ、キャリア面からもこうした病院で働くことを目標にしている、といった看護師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

病院名を見ると、いずれも地域の核となる病院ですし狭き門といえます。

しかし、看護師募集が無いわけではありませんから、良い機会と思われる看護師さんは、機会を得るために転職活動をスタートする事も検討してみてください。

次の看護師転職サイトは、逆指名で医療機関に求人があるかを参照してもらうことが出来ます。

⇒ ナースフル

⇒ 看護のお仕事

⇒ 医療ワーカー

など求人数などを考えると看護師転職でも知名度、実績No.1のナースフルでしょうか。

短期間で転職をする必要が無い看護師さんは、ある程度、長い期間を見積もって転職活動をされると応募の機会も訪れるのでは、と思います。

スポーツ大会でも活躍するイベントナースとは

東京オリンピック・パラリンピックなどのように国際的な大会に看護師として参加する機会はとても貴重です。

しかし、日程的に難しい看護師さんの方も多いと思います。

普段の生活の中で応募しやすいのはやはり単発バイト・派遣で募集されるイベントナース求人です。

スポーツ大会でのイベントナース募集の機会も多いですから、ぜひ情報収集をされてみてはいかがでしょうか。

-イベントナース
-,

Copyright© 看護師単発バイト おすすめ求人サイト , 2018 All Rights Reserved.